興信所・結婚調査・身元調査の ユーアイサービス

社団法人 埼玉県調査業協会会員


ユーアイサービス
24時間相談無料
メール
携帯


結婚調査への信念

勤務状況と素行
報告書サンプル
結婚調査のエピソード
よくあるご質問
お客様の声
調査の流れ

<仕事>に対するユーアイサービスの使命

我々調査業に携わる者


その性質上、嘘の結果報告や報告書の脚色、想像は論外です。

その全てに裏付けを取り、万が一、確認が取れないものには注釈を添えます。

入手された情報は、真実をありのままに報告し、結果、それが対象者の利益に反した内容であっても、すべて報告します。

又、指定事項に無かった項目であっても、調査の結果判明した情報は、捕捉報告します。

貴重なお金をお預かりして、その対価(商品)の指針となる報告書の作成には、より以上の時間を費やします。

それが、探偵社・興信所を営む私共の使命と考えます。

探偵社・興信所の調査主要項目である「浮気・素行調査」は、アルバイトを遣っている探偵事務所も多いと聞きます。見様見真似で尾行し、その日の行動パターンの全容が掴めれば良好、失敗しても理由を付け追加に持っていくと云う訳です。

しかし、結婚調査における対象者やその家族の身元を探る調査は、時給で雇う「アルバイト」やネットの普及に伴い開業した「にわか探偵」ができる程、簡単なものではありません。

稚拙な調査手段を用いた為に生じた見当違い、聞き違い、聴取先から得られた話を裏付けも取らず、そのまま鵜呑みにして報告書に記せば、事実に反した結果が生じてしまいます。

文字通り結婚調査は、報告する内容により当事者の人生が左右される要因を多分に含んでいます。その為、調査員の技術力は基より、アプローチ方法、話題性、取材先の選別及び取材先に応じた対応力、取材姿勢等練熟された長年の経験が要求されるのです。

一例を挙げてみますと


調査初心者が取材したい家をおとなう場合、まずドアを開けさせる理由作りから悩んでしまいます。

取材先に不審感を与えてしまうと知っている情報でも話してはくれません。

ドアが開き顔を合わせ、いざ話を聞く際、その理由を尋ねられ「縁談が近いものですから」と返答することも全くの論外です。

当然取材先を介し、当人及びその親戚筋に話が伝聞した時の事を考慮しなければなりません。

結婚を目的とした身元調査の事実を対象者及びその関係者が知った場合、最悪破談になる危険性があります。

 

また、つい聴取をあせるばかり、インターフォン越しに詳細を話してしまう。

その結果、取材先が対象者と親しく交際している関係であった為、取材を断られてしまう・・。

取材先相手と顔を会わすこともないまま、こちらがネタを明かしただけの残念な結果となり、対象者の耳に入る覚悟も必要となります。

そうなってはお金を掛けて調査をする意味を為しません。

上記のケースは、調査手法の引き出しが少ない事に起因する例ですが、
話を聞くその先々で本来の目的を悟られない身分の提示と慎重な対応が要求される訳です。

 

ユーアイサービスは、この様な現場の状況も明かすことにより、業務に慣れることの無いよう自らを戒め、個々の案件それぞれの思いを肝に銘じ、真摯に対応しています。


▲ 上へ戻る